結婚式で着るドレス

女性にとってはいつか着てみたいと思う憧れのドレス、それがウェディングドレスです。多くの女性が強い憧れを持ち、結婚式や披露宴で美しい花嫁姿、ウェディングドレス姿を大勢の人に披露したいと考えているはずです。そんなウェディングドレスですが、その歴史などについては意外と知られていません。

ウェディングドレスの歴史を紐解くと、それはローマ帝国の時代までさかのぼる事になります。その時代の権力者が婚礼などの儀式で使用していたのが、ウェディングドレスの始まりと言われています。中世になると黒いドレスと白いベールを使っていたと言われていますが、これはどうやら宗教上の儀式服としての役割が強かったという理由によるものです。

今でこそ結婚式に花嫁が着る事が当たり前とされているウェディングドレスですが、昔はそれほど重要視されていませんでした。そもそもウェディングドレスがそれほど世界的に普及しておらず、民族ごとの婚礼衣装による挙式が執り行われていたのです。しかし、いつからか西洋の文化が世界中に広まり、今ではウェディングドレスが花嫁衣裳として定着したという歴史があります。

東アジアの一部地域では、白は死装束の色として認識されており、敬遠されていたのですが、やはりそれも西洋の文化が広まると共に薄れ、今では日本や韓国、中国などでもごく当たり前に使用されるようになりました。ここからは、そんなウェディングドレスの歴史をもう少し深く、そして進化などについても解説します。

結婚式で着るドレス

起源はローマ

ェディングドレスについて知りたいのであれば、まずはその歴史を知る事です。どんなものにも歴史はあります。その歴史を知る事で、更に色々な事が見えてくる事があるはずです。ここではウェディングドレスの起源などについてお話をします。 ウェディングドレスの起源はローマ帝国時代でると言われています・・・

日本での歴史

この国でも、結婚式にはすっかりウェディングドレスというのが定着してきました。ウェディングドレスを着て教会で結婚式を挙げるというのがすっかり定番となったのですが、日本でのウェディングドレスの歴史はどういったものなのでしょうか。 日本では古来より婚礼時には白無垢と呼ばれる衣装を着用してきました・・・

進化するドレス

非常に古い歴史を持ちながら、なかなか日本では普及しなかったウェディングドレスですが、最近では実に様々なデザインのウェディングドレスによる挙式が行われています。結婚式における花嫁というのは正に主役ですから、その拘りも一際でしょう。ここでは時代と共に変化、進化してきたウェディングドレスのシル・・・